別れる

人の世には、出会いもあれば別れもあります。これは自然の摂理です。
親元から離れることも、引っ越してしまったがために友人と別れてしまうこともあるでしょう。恋人との別れ……あるいは死によって誰かと別れなくてならないこともあります。
このように私たち人間にとって、「別れる」は身近にあることだと言えます。
現実にも身近にあるものですが、夢の中であっても別れを経験することはたびたびあります。

単に悲しいことを暗示しているわけではない

夢占いで「別れる」夢を見たという場合、悲しいこと、つらいことを暗示しているという意味に捉えてしまうかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
夢はしばしば、逆の意味を持つことがあるのです。
たとえば、親しい関係にある友人や知人、恋人と別れるという夢の場合、自分が友人に恵まれている状態や、これからも末永く愛し合うような未来を暗示していることが多いようです。「これからも仲よくいられそう」という予感が、そのような夢を生み出すのです。
そのため、別れる夢を見たから別れてしまうかもしれない……と不安に思う必要はないでしょう。また、この夢を機に、改めて友情や愛情を深め合うといいかもしれません。

トラブルを避けることにもつながる

一方、「関係があまり良くない友人や同僚」などの場合は、彼らとトラブルになることを暗示しているとも考えられますが、それほど差し迫った状態をあらわしているわけではないようです。自分がそれらの人たちのことについて考え込み過ぎているため、夢にまで出てきているという可能性もあるので、深く考えすぎないようにするといいでしょう。

キーワード検索