ブーツ

パンプスやサンダルと違って、ガッチリ足を包んで雨風から守ってくれる、冬は寒さもカバーしてくれる、そして可愛い商品もいっぱい出ている……そんなブーツが夢に出てくることがあります。ファッションアイテムとして、また防寒具や防雨アイテムとして実用性にも富んでいるブーツ。
夢占いでは、まさに「物を守る」という意味をあらわすと考えられます。雨に濡らしたくない、寒さにさらしたくない、大事にしたいものを持っている。そんなときに見る夢であると解釈できるのです。仕事や、恋愛、その他人生の中で「大切なもの」を持っている、充実した人生を送っていることのあかしであると考えられます。

「失うことへの恐れ」もあらわす

「大切なものを持っている」ということをあらわすブーツの夢ですが、同時に、「大切なものを失いたくない」という思いをあらわしているものであるとも考えられます。
もちろん人は誰しもがそういう思いを持っているものですが、ブーツが夢に出てくるとき、少々その思いが強すぎる、ということも考えられるのです。
失うことを恐れるあまり、慎重になり過ぎてチャンスを逃したりタイミングが遅すぎたり……そういうことも考えられます。心当たりがある人は、もう一度自分の心を見直してみるといいかもしれません。

キーワード検索