本棚

小説の単行本や絵本、絵本、実用書、その他さまざまな本を並べておくための家具、本棚。夢占いでは、本棚はあなたの知識量をあらわすと解釈できます。本棚が夢に登場したとき、そこに並んでいる本の数を見れば、あなたの知識量の多さがわかる、という仕組みになっているわけです。ぎっしり本が詰まっているなら良し、そうでなければさまざまな知識が欠けていること、足りないことをあらわします。
ここでいう「知識」とは、必ずしも何か学術的な小難しいものであるとは限りません。一般常識とか礼儀作法とか、そのようなことも含まれています。本の数が少ない本棚の夢を見てしまったときは、広くさまざまなことを知ろうとする姿勢を取ることが大事だといえるでしょう。

「今は学びの時期!」というお告げ。

本棚の夢は「知識をつけましょう!」というメッセージであると同時に、「今はまだ学びのとき!」というメッセージでもあります。何か仕事をするにせよ、新しい恋をするにせよ、前段階の知識も何もなく飛び出そうとしていませんか?まずはこれからしようとしていることに関して知識をつけること、あるいは新しく好きになった人のことを知ろうとすること、これが大事です。
本棚の夢は、そのことを告げていると解釈できます。

キーワード検索