りんご

『アダムとイブの話』『白雪姫』などで劇的な効果をもたらすモノとして知られるりんご。
それらの物語では、「誘惑」をあらわすフルーツです。アダムとイブは「知恵の実」であるりんごを蛇にそそのかされて食べてしまったせいで、神様に楽園を追い出されてしまいました。
白雪姫は、毒りんごを食べて死んでしまいました(ステキな王子様が起こしてくれましたが)。

こう聞くと何だか不吉なことを象徴しているかのように思われるかもしれませんが、必ずしもそうであるとは限りません。夢占いでは、りんごは夢を見る人の「恋愛の状態」をあらわすと考えられます。
たとえば、新鮮で甘いりんご、木にたくさんなっているりんごは、恋愛レベルがぐんぐん上がっていることを意味しています。
「たぶん、この恋はうまくいく」という無意識の確信が、夢の中でりんごを生み出しています。
今こそ、意中の人に告白するチャンスといえるかもしれません。

「落ちたりんご」「腐ったりんご」に注意!

一方、物語の中でアダムとイブを楽園から追い出し、白雪姫を死に追いやったように「不吉な存在」としての意味も、りんごにはあります。夢占い的には、夢にあらわれるりんごの中でも特に「木から落ちたりんご」や、「腐ったりんご」は、良くないことの象徴と考えられるのです。

特に、恋愛面に関して良くない意味を持っていると考えられます。
今、恋人がいない人の場合は「たぶん失恋するんだろうな」という思いが反映されたものといえます。
一方、恋人がいる人の場合は、彼や彼女との仲にヒビが入っている、「私たちもうダメかも」という状態をあらわしているといえます。
このようなりんごが登場した場合は、この先どうするかということを考えるべきかもしれません。

キーワード検索