有名な昆虫の一種である「蟻」。
みなさんは蟻に対してどんなイメージを持っているでしょうか。
有名な童話として「アリとキリギリス」という作品がありますが、この中で蟻は働き者として登場しています。
怠け者であるキリギリスがサボっている間も、蟻はせっせと働き続け、最終的には勝ち組となります。
実際、蟻には働き蟻と呼ばれる蟻がいて、エサを巣に持ち帰るなどの役割を担っています。

夢占いにおいても、蟻は「勤勉・力強さ」の象徴として考えられています。
では、夢の中に蟻が出てきた場合、それはどんな意味合いを持つのでしょうか。
夢で蟻がせっせと働いていた場合、これはみなさんが地道な努力によっていずれは成功者となることを意味しています。
もし何かを目指して頑張っている途中だというのであれば、引き続き努力を重ねることで明るい未来を勝ち取ることができるでしょう。

蟻が死んでいる夢を見た場合は注意

働き者の蟻が夢に登場するのは良い傾向ですが、もしその蟻が死んでしまっていた場合は注意してください。
夢占いにおいてこれは「意欲の低下」を意味しています。
もし何かに対して頑張っている最中だったとしても、内心ではもう諦めてしまっていたり、精神的に弱っている可能性があります。
もし死んだ蟻が登場した場合は、1度手を止め、現状に変化を加えてみてはいかがでしょうか。

キーワード検索