ニキビ

10代のときは「青春の勲章」などと呼ばれることもあるニキビ。
20歳を超えたあとにできるのは不摂生やストレスが原因であることが多く、はなはだ厄介な存在ですが、夢の中でもニキビに悩まされる、ということがあるようです。大きなニキビができて触ると痛いとか、人前に出て恥ずかしい思いをするとか……内容もあまり良いものではないようです。

夢占いでは、ニキビはまさしく「厄介なもの」をあらわすと考えられます。
たとえば、職場や学校で苦手としている人の象徴であると解釈できます。その人に対してストレスが溜まっているとき、夢の中でニキビができてしまい、それに困らされてしまうわけです。

「余裕を持つこと」が大事!

特に、大小さまざまなニキビが顔一面にできる、という夢は、苦手な人との関係がこじれていることを象徴していると解釈できます。意地悪をされて不快、みたいなときによく見ることがあるようです。

とはいえ、ニキビは「厄介だけどそれほど深刻な事態ではない」というレベルの「厄介ごと」をあらわしていると考えられます。たとえば、職場や学校での自分の立場を致命的に危うくするような厄介ごとではなく、個人レベルで不快、といったレベルのことを象徴しているようです。
このような夢を見たときは気にしすぎず、余裕をもって、適度にストレスを発散することが大事です。

キーワード検索