事故

事故の夢を見る、と考えただけでも怖いですよね。
起きた瞬間も嫌な気分になってしまいそうですし、実際に車を運転している人にとっては夢といっても他人事には思えないような感覚に陥ってしまうでしょう。
しかし、夢の中での事故は悪ければ悪いほど吉夢である、といえるのです。

事故で死ぬのは吉夢?

夢の中で事故に遭うというのはいいものではありません。
事故をするときはハンドル操作ミスであったり、前方不注意、信号無視、など何か他のことに意識が集中してしまっていたり、急いでいるときに事故を起こしてしまったような夢は、心に焦りがある状態を表しています。
仕事にせよ、人間関係にせよ、なにか気にかかることや不安に思っていることがあるのではないでしょうか。
そういった心が夢の中で暴走してしまい、事故を起こしてしまうのです。

しかし、夢の中での事故で命を落とす、または命に関わるほどの怪我をした、というような場合も吉夢であるといえるのです。
「夢の中で命を落とす」というのはいい夢、というのを聞いたことがある人も多いでしょう。夢の中での死は、今の自分を捨てて新しい自分へと生まれ変わるということを表しています。
それが自分の運転する車によって、ということは自分の意志で自分を変えようと努力していることの表れでもあるのです。
自分自身を変えたいと思っているのであれば、思い切って何か新しいことを始める、など一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

キーワード検索